検索順位チェックツールGRC リファレンスマニュアル

[ファイル]−[順位履歴CSVファイル保存]

順位履歴データを、CSV形式でファイルに保存します。
CSVファイルは、Excelなどのソフトウェアで読み込んで、グラフ化することができます。

先に、順位履歴データを保存する項目を、メイン画面の項目リストで選択します。
複数の項目を選択し、一括で出力することはできません。

このメニューを選ぶと、「順位履歴CSVファイル保存 出力設定」ダイアログが表示されます。

以下の設定を行います。

「出力する期間」
出力する期間を設定します。
次の中から選択します。
「全期間」
「今月」
「先月」
「期間を指定(月)」
…  月単位で期間を設定します。
「期間を指定(月)」が選択されていない場合、グレー表示で設定することができません。
「期間を指定(月日)」
…  日付指定で期間を設定します。
「期間を指定(月日)」が選択されていない場合、グレー表示で設定することができません。
初期設定は「全期間」です。
「出力する検索エンジン」
出力する検索エンジンを設定します。
次の中から選択します。複数選択ができます。
「Yahoo」
「Google」
「Bing」
順位チェックが行なわれていない検索エンジンは、グレー表示で設定することができません。
順位チェックを行う検索エンジンの設定については、[検索設定]−[順位チェック対象検索エンジン] をご参照ください。
初期設定で全てが有効です。
「同一日付の重複データは出力しない」
同一日付に重複データがある場合に、同一日付の重複データは出力しないで、その日付の最後のデータのみ出力するかどうかを設定します。
初期設定で有効です。
「ランクインURLを出力する」
ランクインURLを出力するかどうかを設定します。
初期設定は無効です。
「順位が圏外のとき出力するデータ」
順位が圏外のとき、空欄にするか、指定の文字列を出力するかを設定します。
Excel等のソフトでCSVファイルからグラフを作成する際、圏外のときに文字列を出力するとグラフが正しく表示されないことがあります。その場合は「空欄」を選択してください。
初期設定は「空欄」です。

設定をして、「次へ」ボタンをクリックします。
「名前を付けて保存」ダイアログが表示されます。
保存先とファイル名を設定して、「保存する」ボタンをクリックします。
指定した保存先に、順位履歴データのCSVファイルが保存されます。

順位チェックでエラーが発生し、順位取得が行われなかった場合、順位は空欄となります。