検索順位チェックツールGRC リファレンスマニュアル

[ファイル]−[CSVファイルのインポート]

CSVファイルのインポートを行います。

次の4つの処理を行なうことができます。

・新規項目の追加
・既存項目の情報を上書き(グループ、マーク、項目メモのインポート)
・月間検索数のインポート
・項目を選択
過去の順位履歴データをインポートすることはできません。

このメニューを選ぶと、「CSVファイルのインポート」ダイアログが表示されます。

以下の設定を行います。

「1. インポートするファイル」

「参照」ボタンをクリックすると、「ファイルを開く」ダイアログが表示されます。
ファイルを選択して、「開く」ボタンをクリックします。
「データの確認」にファイル内容が表示されます。

CSVファイルをGRCのメイン画面にドラッグ&ドロップすると、インポートするファイルが入力済みの状態でこのダイアログが開きます。
CSVファイルをこのダイアログにドラッグ&ドロップすると、そのファイルがインポートするファイルに設定されます。
読み込んだデータに文字化けが発生してしまう場合は、「文字コード」ドロップダウンリストから、適切な文字コードを選択します。
インポートするCSVファイルの項目数に制限はありません。
「2. インポート目的」

次の中から選択します。

「新規項目の追加」
新規項目を追加します。
多数の項目、検索語を一括で追加することができます。
同一内容の項目が存在しているものについては、自動的にスキップされ、重複して登録されることはありません。
「既存項目の情報を上書き」
サイト名、URL、検索語が一致する項目の、「グループ」「マーク」「項目メモ」を設定、変更します。
「月間検索数をインポート」
月間検索数をインポートします。
「項目を選択」
ファイルで指定された項目を選択状態にします。
選択項目を対象に動作する機能を実行するとき、その対象項目が多数あって、GRCの画面上で選択するのが難しい場合に便利です。
初期設定は「新規項目の追加」です。
「3. データの位置」

各データが、ファイルの何列目にあるかを指定します。
ドロップダウンリストで、1列目〜15列目のいずれかを選択します。

各データが何列目にあるかを選択すると、「データの確認」欄の並び順に反映されます。
列が重複して指定された場合、「データの確認」欄にその旨が表示されます。
ファイル内の各データの位置、並び順などに制限はありません。

「インポート目的」によって、読み込むデータが異なります。

「新規項目の追加」
「既存項目の情報を上書き」
必須データ:
 「サイト名」
 「URL」
 「検索語」
オプションデータ:
 「グループ」
 「マーク」
 「項目メモ」
 「項目メモ2」
 「項目メモ3」
 「月間検索数」
「グループ」は、既存のグループ名のほか、新しいグループ名も指定できます。その場合は、グループの追加が行われます。
「マーク」は、次のいずれかの形式で指定してください。
・ マークの色を表す英字(B R G など)
・ マークの色名(黒 赤 緑 など)
・ マーク名を設定している場合、設定したマーク名
現在利用できるものについては、「マーク」右の「?」ボタンをクリックすると表示されます。
インポートできる「項目メモ」は1行のみです。複数行の項目メモはインポートできません。
「月間検索数」は、項目ではなく検索語に対して記録されます。同じ検索語のその他の項目にも同じ月間検索数が記録されます。
初期設定は「サイト名」1列目 「URL」2列目 「検索語」3列目 となっています。
「月間検索数をインポート」
必須データ:
 「検索語」
 「月間検索数」
CSVファイル内に存在しない検索語については、データは変更されません。
過去に入力されていた月間検索数データは、新しいデータで上書きされます。
初期設定は「検索語」1列目 「月間検索数」2列目 となっています。
「項目を選択」
必須データ:
 「サイト名」
 「URL」
 「検索語」
初期設定は「サイト名」1列目 「URL」2列目 「検索語」3列目 となっています。
「4. データの確認」

データの内容と「データの位置」に間違いがないか、「データの確認」欄で確認します。

「1行目をインポートしない」
データ列名(「サイト名」「URL」など)が1行目に記載されている場合、その1行目をインポートしないよう設定します。
有効にすると「データの確認」欄で、1行目がグレー表示になります。

各設定を確認後、インポートを実行します。
ダイアログの「インポート実行」ボタンをクリックします。
指定したCSVファイルのデータがインポートされます。

上書き、変更されたデータを戻すことはできません。
[ファイル]−[項目一覧CSVファイル保存] で出力したファイルを、この機能で読み込むことができます。
ExcelでCSVファイルを作成するには

Excelで、GRCにインポートするためのCSVファイルを作成することができます。
例えば、1列目に「サイト名」、2列目に「URL」、3列目に「検索語」を入力し、ファイルの保存時に「ファイルの種類」を「CSVファイル」とします。

CSVファイルの内容の例:
 サイト名,URL,検索語
 サイト名,URL,検索語
 (必要なだけ繰り返し)

2行目以降は、サイト名、URLを省略することができます。