検索順位チェックツールGRC リファレンスマニュアル

[ファイル]−[リモートデータ閲覧]−[設定]

LAN上にある、他のPCのGRCのデータを閲覧するための設定を行います。

閲覧される側(他のPC)のGRCのデータをリモートデータといいます。
閲覧される側のGRCで、共有フォルダの設定が必要です。
共有フォルダの設定の詳細については、「リモートデータ閲覧機能の使い方」をご参照ください。

このメニューを選ぶと、「リモートデータ閲覧」ダイアログが表示されます。

以下の設定を行います。
スタンダード・ライセンス以上のライセンスが登録されていない場合、「追加」ボタン等はグレー表示で設定することができません。

「追加」

リモートデータの登録を行います。

「追加」ボタンをクリックすると、「リモートデータ追加」ダイアログが表示されます。

閲覧される側のPCで設定した共有フォルダの中にある、「 grc.dat 」というファイルを選択します。
「開く」ボタンをクリックすると、「名前の入力」ダイアログが表示されます。

リモートデータの名前を任意で入力して、「OK」ボタンをクリックします。
「リモートデータ閲覧」ダイアログの「登録されているリモートデータ」に、追加したリモートデータの名前が表示されます。

「名前変更」
選択されているリモートデータの名前を変更します。
「場所変更」
選択されているリモートデータの参照場所を変更します。
閲覧される側のGRCで共有フォルダ設定を変更したり、使用するPCが変わった場合などリモートデータの場所が変わりましたら、閲覧する側でも修正が必要です。
「削除」
選択されているリモートデータの登録情報を削除します。
「フォルダ開く」
選択されているリモートデータが置かれている共有フォルダをエクスプローラーで開きます。
リモートデータの場所を確認することができます。
「オプション」
次のオプションについて、設定します。
「起動時、前回終了時に閲覧していたリモートデータを読み込む」
GRCを起動したとき、自身のデータではなく、前回終了時に閲覧していたリモートデータを読み込み、表示します。GRCをリモートデータの閲覧専用に使う場合に便利です。
初期設定は無効です。
「閲覧中のリモートデータが更新されたら通知する」
閲覧中のリモートデータが更新されたとき、メッセージを表示して、リモートデータの再読込を行います。閲覧される側のGRCで順位チェックが行われて、順位データが更新されたとき、閲覧している側のGRCにその最新の情報を反映するには、リモートデータの再読込が必要です。
初期設定で有効です。

設定をして、「OK」ボタンをクリックします。

リモートデータを閲覧する方法については、[ファイル]−[リモートデータ閲覧]−[(リモートデータ名)] をご参照ください。
リモートデータは読み込み専用で開くため、項目の追加や編集、順位チェックなどは行うことができません。
データを閲覧する側のGRCに、スタンダード・ライセンス以上のライセンスが必要です。
閲覧する項目数に制限はありません。
(スタンダード・ライセンスで全てのライセンスのリモートデータを閲覧できます。)
GRC、GRCモバイル、GRC-W 間で、相互に閲覧することはできません。