検索順位チェックツールGRC リファレンスマニュアル

[編集]−[その他の編集機能]−[同一日付の重複データ削除]

同じ日付で重複しているデータを削除します。
その日の最後のデータを残します。
順位チェックは原則として1日1回ですが、順位チェックでエラーが発生して順位が取得できなかった項目の順位再チェックを行なった場合、同じ日付で複数のデータが記録されることがあります。

このメニューを選ぶと、「同一日付の重複データ削除」ダイアログが表示されます。

以下の設定を行います。

「対象期間」
データを削除する対象の期間を設定します。
次の中から選択します。
「全ての期間」
「期間を指定」
…  開始日から終了日までを設定します。
初期設定は「期間を指定」です。当日の日付になっています。
「順位チェックでエラーが発生したデータのみ削除」
順位チェックでエラーが発生した重複データのみ削除するかどうかを設定します。
初期設定で有効です。

設定をして、「次へ」ボタンをクリックします。

重複するデータが存在した場合、確認メッセージが表示されます。

確認のうえ「はい」ボタンをクリックします。

各日付の最後のデータを残して、重複データが削除されます。

削除対象が存在しない場合には、その旨がメッセージで表示されます。

削除されたデータを元に戻すことはできません。