検索順位チェックツールGRC リファレンスマニュアル

[オプション]−[表示する列の選択]

メイン画面の項目リストに表示する列を選択します。

初期状態では非表示になっている列が多くあります。必要に応じて設定を行います。

データ分析のため表示する列が多くなると画面が横長になり、全ての情報を一画面で確認しにくくなります。
各列はヘッダの境界をドラッグして幅を変更できますが、不必要な列を非表示にすることで管理しやすくなります。

表示する列は、表示モード毎に設定します。
表示モードにより、表示できる列が異なります。

このメニューを選ぶと、「表示する列の選択」ダイアログが表示されます。

以下の設定を行います。

「設定対象の表示モード」
設定対象の表示モードを設定します。
ドロップダウンリストで、次の中から選択します。
「標準」
「ランクインページ」
「Yahoo詳細」
「Google詳細」
「Bing詳細」
初期状態では「標準」です。
「表示する列の選択」
表示する列を選択します。
選択されている「設定対象の表示モード」に応じて、表示できる列が変わります。
列を選択すると、「列に表示される情報の説明」欄に、その列の説明が表示されます。
表示する列にチェックをつけます。複数選択ができます。

以下が初期設定で有効です。
「標準」
□ サイト名 □ サイトURL □ 検索語
□ Yahoo順位 □ Yahoo変化 □ Yahoo件数
□ Google順位 □ Google変化 □ Google件数
□ Bing順位 □ Bing変化 □ Bing件数
□ ステータス」
「ランクインページ」
□ サイト名 □ サイトURL □ 検索語
□ Yahoo順位 □ Yahoo URL □ Yahooタイトル
□ Google順位 □ Google URL □ Googleタイトル
□ Bing順位 □ Bing URL □ Bingタイトル
「Yahoo詳細」「Google詳細」「Bing詳細」
□ サイト名 □ サイトURL □ 検索語
□ 順位 □ URL □ タイトル □ スニペット(各検索エンジン詳細)
□ Yahooショッピング順位(Yahoo詳細)
□ Googleもしかしてワード(Google詳細)

設定をして、「OK」ボタンをクリックします。
設定内容が反映されます。