検索順位チェックツールGRC リファレンスマニュアル

リモートデータ閲覧機能の使い方

GRCを複数のPCで使用している場合に、他のPCのデータを閲覧することができます。
閲覧される側(他のPC)のGRCのデータをリモートデータといいます。
リモートデータを閲覧する機能を、リモートデータ閲覧機能といいます。
データを閲覧する側のGRCに、スタンダード・ライセンス以上のライセンスが必要です。
閲覧する項目数に制限はありません。
(スタンダード・ライセンスで全てのライセンスのリモートデータを閲覧できます。)

リモートデータ閲覧機能を利用するために、次の設定が必要です。

・ 閲覧される側のGRC:データフォルダの共有フォルダの設定
・ 閲覧する側のGRC:閲覧するリモートデータの登録

リモートデータ閲覧機能のご利用にあたって、次の注意点があります。

リモートデータは読み込み専用で開くため、項目の追加や編集、順位チェックなどは行うことができません。
GRC、GRCモバイル、GRC-W 間で、相互に閲覧することはできません。
閲覧される側のGRC:データフォルダの共有フォルダの設定

リモートデータ閲覧機能は、Windowsの共有フォルダ機能を使って、他のPC上のデータにアクセスします。
閲覧する側のPCがデータファイルにアクセスできるように、閲覧される側のPCで、共有フォルダの設定を行います。

閲覧される側のPCでGRCを起動し、[ヘルプ]−[データフォルダ] を選びます。
「データフォルダ」ダイアログが表示されます。

「エクスプローラーで開く」ボタンをクリックします。
GRCのデータフォルダがエクスプローラーで開きます。

「 user_data 」というフォルダがありますので、このフォルダを共有フォルダに設定します。

共有フォルダの設定方法は、Windows OSの種類やエディション、その他の環境によって異なります。設定には共有フォルダに関する知識が必要となりますが、設定方法について個別のサポートは承っておりません。
読み込み専用の共有フォルダとすることをおすすめします。
外部からの書き込みを許可すると、データが破損する可能性があります。
特定のユーザーとの共有にしますと、フォルダへのアクセスにログインが必要になり、リモートデータの閲覧に失敗することがあります。ユーザーを指定せず全ユーザーへの共有とすることで、ログインが不要になり、問題を回避することができます。
閲覧する側のGRC:閲覧するリモートデータの登録

閲覧する側のGRCで、閲覧するリモートデータの登録を行います。

閲覧する側のPCでGRCを起動し、[ファイル]−[リモートデータ閲覧]−[設定] を選びます。
「リモートデータ閲覧」ダイアログが表示されます。

「追加」ボタンをクリックして、リモートデータの登録を行います。
登録したリモートデータ名が、[ファイル]−[リモートデータ閲覧]−[(リモートデータ名)] メニュー内に表示されます。
スタンダード・ライセンス以上のライセンスが登録されていない場合、「追加」ボタン等はグレー表示で設定することができません。

リモートデータの設定の詳細については、[ファイル]−[リモートデータ閲覧]−[設定] をご参照ください。

リモートデータの閲覧

閲覧される側のPCで共有フォルダの設定を行い、閲覧する側のGRCでリモートデータの登録を行うと、リモートデータを閲覧する準備は完了です。

閲覧する側のGRCの [ファイル]−[リモートデータ閲覧]−[(リモートデータ名)] で、閲覧するリモートデータを選びます。
読み込み専用でファイルが読まれ、リモートデータがメイン画面に表示されます。
サイトメモや、上位100追跡などを含むすべてのデータが表示されます。

[ファイル]−[リモートデータ閲覧]−[このPCのデータ] で、リモートデータの閲覧が解除されます。