検索順位チェックツールGRC 操作ガイド

順位チェックの元になった検索結果ページを確認する

次の手順で、GRCの順位チェックの元になった検索結果ページをブラウザで開いて確認することができます。

1. 検索結果ページを保存する設定を行う

GRCが取得した検索結果ページを保存する設定を行います。

GRCが取得した検索結果ページを保存する - 操作手順
  1. [オプション]−[検索結果ページをファイルに保存] を選びます。
    メニューにチェックマークが表示されている場合、設定は有効です。
  2. 「OK」ボタンをクリックします。
2. 順位チェックを行う

順位チェックを行うと、元になった検索結果ページが保存されます。
通常の順位チェックを待たずに検索結果ページを確認したい場合は、選択項目の順位再チェックを行ってください。

選択されている項目の順位再チェックを行う - 操作手順
  1. 検索順位を再チェックしたい項目を選択します。複数選択ができます。
  2. [実行]−[選択項目の順位再チェック] を選びます。
3. 検索結果ページを確認する

GRCが取得した検索結果ページをブラウザで開きます。

GRCが取得した検索結果ページを開く - 操作手順
  1. 検索結果ページを確認したい項目を選択します。
  2. [ブラウズ]−[保存した検索結果] のサブメニューから、検索結果ページを開きたい検索エンジンを選びます。
検索順位が取得できている場合は、その検索順位を含む検索結果ページが表示されます。
検索順位が圏外の場合は、検索結果の1ページ目(1〜100位)が表示されます。
GRCで表示されている検索順位と、ブラウザで確認した検索順位が異なっている場合は、アクセスしている検索エンジンサーバーの違い(順位の揺れ)が原因であるケースがほとんどです。
その場合、上記手順で表示した検索結果ページ内の検索順位と、GRCで表示されている検索順位は正しく一致しています。
順位の揺れについては、Q&A「GRCに表示される検索順位が、ブラウザで検索して確認したものと違います」の「1. アクセスしたサーバーの違い(順位の揺れ)」をご参照ください。