検索順位チェックツールGRC 操作ガイド

URLのhttpとhttpsの違いを無視する

URLのhttpとhttpsの違いを無視して、同じURLとして扱うことができます。
この設定により、SSL化によってサイトのURLがhttpからhttpsに変わっても、項目のデータを変更することなく、引き続き順位チェックを行うことができます。

URLのhttpとhttpsの違いを無視する - 操作手順
  1. [検索設定]−[URLのhttpとhttpsの違いを無視] にチェックマークが表示されているか確認します。
    チェックマークが表示されている場合、設定は有効になっています。
    チェックマークが表示されていない場合、以下の手順で有効にします。
  2. [検索設定]−[URLのhttpとhttpsの違いを無視] を選びます。
  3. 「OK」ボタンをクリックします。