海外Google検索順位チェックツール GRC-W

GRC-Wの概要 / ダウンロード/更新履歴 / 使い方(チュートリアル) / メニューリファレンス

ダウンロード

まだGRC-Wをダウンロードしていない方は こちらからGRC-Wをダウンロードしてください。

基本操作

項目の追加や順位チェックの実行、グラフの閲覧などの基本的な操作方法はGRCと同じですので、 GRCのユーザー様は、迷うことなくご利用いただけると思います。 GRCを利用されていない方は、先にGRCの使い方を ご参照くださいますようお願い申し上げます。

GRC-W固有の機能等

ユーザーインターフェース言語の選択

GRC-Wは、ユーザーインターフェース言語を日本語、英語の2つから選択することができます。 GRC-Wのセットアップの最初の画面で言語を選択できるほか、 GRC-Wのメニュー [ヘルプ]-[言語] からも言語を変更することができます。

調査対象国の指定について

項目を追加する画面に、調査対象国を選択するドロップダウンリストをありますので、 そこで国を選択してください。

調査対象国の画面表示について

メイン画面に「国」という列があり、検索対象国の2桁の国コードが表示されます。 国コードの上でマウスを静止させると、国名やGoogleドメインなどの詳細がポップ表示されます。

特定の国の項目だけ画面に表示する機能として、メニュー [表示]-[表示条件]-[国] を追加しています。 また、画面の「国」列で国コードをダブルクリックするとと、[表示]-[表示条件]-[国] から国を選択するのと同じ動作になります。 (ダブルクリックした国の項目のみ画面に表示されます。)

CSVファイルのインポートにおける国の指定について

GRC-Wのメニュー [ファイル]-[CSVファイルのインポート] で、 CSVファイルをインポートして項目を追加するとき、 CSVファイル内に「国」を指定する列が必要です。 国の指定は、2桁の国コードで行います。

項目数制限とライセンスについて

GRC-Wは、GRCと同様の項目数制限があります。 ご不便をおかけしますが、貴ウェブサイトのメインキーワードに絞ってGRC-Wを活用してください。

項目数制限の解除を希望される方は、有償でよろしければ項目数制限を解除するライセンスキーの発行させていただいております。 「ライセンスについて」をご参照ください。

GRC-Wの概要 / ダウンロード/更新履歴 / 使い方(チュートリアル) / メニューリファレンス