よくあるご質問

PCが壊れてしまいました。GRCのデータの復旧手順を教えてください。

PCが壊れてしまっても、GRCのデータのバックアップがある場合は、バックアップからデータを復旧することができます。バックアップからのデータ復旧方法については、Q&A「データのバックアップ方法を教えてください」をご参照ください。

バックアップが無い場合は、HDD内にGRCのデータフォルダが残っており、アクセスが可能でしたら、データの復旧ができます。

1.GRCのデータフォルダの確認

HDD内から、GRCのデータフォルダを探してください。GRCのデータフォルダは、通常、次の位置にあります。
(以下は元の場所のパスになります。状況によってパスが変わることがあります。)
・ Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista の場合
C:¥Users¥(ユーザー名)¥AppData¥Roaming¥Shellware¥GRC¥user_data
・ Windos XP / 2000 の場合
C:¥Documents and Settings¥(ユーザー名)¥Application Data¥Shellware¥GRC¥user_data

(ユーザー名) の部分は、GRCを利用していたWindowsユーザーアカウント名です。
「GRC」の部分はソフトウェア名です。
「AppData」または「Application Data」フォルダは、Windowsの標準フォルダですが、通常、隠しフォルダになっておりますので、ご注意ください。

2.GRCのデータの復旧
GRCを起動して、[ヘルプ]−[データフォルダ] を選びます。
表示されたダイアログにある「データフォルダのインポート」ボタンをクリックします。
GRCのデータフォルダの場所を入力して、インポートを実行します。
GRCのライセンスについては、上記の手順では復旧できません。
[ヘルプ]−[ライセンス登録] で、ご利用中のライセンスキーをご入力ください。
なお、ライセンスキーを紛失してしまわれました場合は、Q&A「ライセンスキーを忘れてしまいました。再発行してください」をご参照ください。