検索順位チェックツールGRC リファレンスマニュアル

[検索設定]−[処理速度]

順位チェックの処理速度を設定します。
順位チェックをゆっくりと行い、検索エンジンへのアクセス頻度を下げることができます。

このメニューを選ぶと、「処理速度」ダイアログが表示されます。

次の中から選択します。

「標準設定」
通常はこちらを設定します。
処理速度は一番速くなります。
「休止時間を追加する」
項目毎に休止時間を設けます。
1〜100秒の間で設定します。
順位チェックを行う項目数×休止時間の分、全体の処理時間が増えます。
「トータルの順位チェック時間を指定する」
トータルの処理時間が指定された時間になるように、ゆっくり順位チェックします。
1〜100時間の間で設定します。
標準設定の場合の処理時間よりも長い時間を設定してください。
この設定は、次のメニューコマンドによる順位チェック実行時に適用されます。
[実行]−[順位チェック実行]
[実行]−[起動時に順位チェック実行]
[実行]−[指定時刻に順位チェック実行]
初期設定は「標準設定」です。

設定をして、「OK」ボタンをクリックします。
以降、設定した処理時間で順位チェックを行います。

「休止時間を追加する」もしくは「トータルの順位チェック時間を指定する」を有効に設定している場合、メニューにチェックマークが表示されます。