検索順位チェックツールGRC リファレンスマニュアル

[検索設定]−[チェック時間短縮]

順位が長期間圏外となっている項目、および、インデックス数項目について、チェック頻度を下げるよう設定を行います。

検索エンジンへのアクセス回数を減らし、順位チェック時間を短縮することができます。

このメニューを選ぶと、「チェック時間短縮」ダイアログが表示されます。

以下の設定を行います。

「圏外が続いた項目の順位チェック頻度を下げる」
順位チェックで圏外が続いた項目のチェック頻度を下げるかどうかを設定します。
チェック頻度を下げる場合、その頻度を次の中から選択します。複数選択ができます。
「2日以上圏外が続いた項目の順位チェックを2日に1回にする」
「7日以上圏外が続いた項目の順位チェックを3日に1回にする」
「20日以上圏外が続いた項目の順位チェックを7日に1回にする」
初期設定は無効です。
「Googleのインデックス数のチェック頻度設定」

Googleのインデックス数のチェック頻度を、次の中から選択します。

「毎日チェック」
「2日に1回チェック」
「3日に1回チェック」
「7日に1回チェック」
「1日のチェック件数の上限を設定」
…  インデックス数項目の1日のチェック件数が、設定した件数を超えないように、チェックを分散して実行します。
1〜100,000件の間で設定します。

Googleのインデックス数項目はチェックにやや時間がかかります。
インデックス数は毎日変動するものではありませんので、チェック頻度を下げることをおすすめします。

初期設定は「毎日チェック」です。

設定をして、「OK」ボタンをクリックします。

「圏外が続いた項目の順位チェック頻度を下げる」もしくは「Googleのインデックス数のチェック頻度設定」の「毎日チェック」以外を有効に設定している場合、メニューにチェックマークが表示されます。