検索順位チェックツールGRC 操作ガイド

検索結果上位100サイトの順位を追跡する

GRCの「上位100追跡項目」は、指定した検索語における、各検索エンジンの日々の順位変動の大きさと、上位100サイト全ての検索順位の履歴を記録します。

上位100追跡項目を利用すると、検索エンジンのアルゴリズムの変化や、注目している競合サイトの検索順位の追跡、競合サイトと自サイトの比較、新たな競合サイトの出現のキャッチなどの分析を行うことができます。

上位100追跡項目を追加する

最初に上位100追跡項目を追加します。

上位100追跡項目を追加する - 操作手順
上位100サイトの調査をする検索語が登録されている項目を、メイン画面の項目リストで選択して、[編集]−[調査項目の追加]−[上位100追跡項目] を選びます。項目は複数選択ができます。

項目を追加後、順位チェックを実行すると、データが取得されます。

上位100追跡項目の「サイトURL」列に、「(上位100追跡)」と表示されます。
上位100追跡項目は、追加された直後にはデータが取得されていません。
順位チェックを実行すると、データが取得されます。

順位変動グラフを表示する

上位100追跡項目が日々記録する「順位変動」とは、「上位100サイトの、前日と当日の順位の差の平均」です。

順位変動は、項目リスト上で、上位100追跡項目の「件数」列(「Yahoo件数」「Google件数」など)に表示されます。

グラフを表示することもできます。

順位変動グラフを表示する - 操作手順
項目リストで上位100追跡項目の上にマウスカーソルを移動すると、GRCの画面左下の順位履歴グラフに順位変動グラフが表示されます。
例えば次のようなグラフになります。

この順位変動グラフでは、日々、平均して5位前後の順位変動があることが分かります。
検索エンジンのアルゴリズムの変更があると、順位変動は非常に大きくなります。
自サイトで大きな順位変動があったとき、それが検索エンジン全体の順位変動か、自サイトのみの順位変動かを判断できます。

上位100サイト順位履歴グラフを表示する

上位100サイトの順位履歴の詳細をグラフで確認するには、「上位追跡項目の詳細ウインドウ」を開きます。

上位追跡項目の詳細ウインドウを開く - 操作手順
上位100追跡項目を選択して、[ブラウズ]−[上位100追跡 詳細グラフ] を選びます。
または、上位100追跡項目を選択して [Enter] キーを押す、項目の「サイトURL」の列に表示されている「(上位100追跡)」をダブルクリックする、いずれかでも実行できます。

上位追跡項目の詳細ウインドウが表示されます。

画面左上に、サイトの一覧が表示されます。
最新の上位100サイトと、最近上位100位に入った(現在は100位以下の)100サイトの計200サイトが表示されます。
各サイトの情報として、最新の順位、タイトル、URL、スニペット、および10位以内に入った回数、100位以内に入った回数が表示されます。

画面下側に、グラフが表示されます。
全てのサイトの順位履歴が記録されており、自由にグラフを表示することができます。

任意のサイトの順位履歴グラフを表示する - 操作手順
サイト一覧の左端にあるチェックボックスにチェックをつけると、そのサイトのグラフを細線で表示します。サイト(行)を選択すると、そのサイトのグラフを太線で表示します。
どちらも複数選択ができます。

右上の履歴リストに、サイト一覧で選択されているサイトの順位履歴の詳細が表示されます。
マウスカーソルがグラフ上にあるときは、マウスカーソルの位置のグラフのサイトの順位履歴が、履歴リストに表示されます。

この画面でも、自サイトの順位変動がSEO対策の結果なのか、検索エンジンのアルゴリズム変更によるものなのかを、分析することができます。
検索エンジンがアルゴリズムの変更をした場合、多くのサイトの順位が大きく変動しますので、一目でわかると思います。

グラフで分析する

上位追跡項目の詳細ウインドウでは、そのデータをグラフで分析するために、様々な選択、検索モードを用意しています。上位追跡項目の詳細ウインドウ上で動作するメニューをご利用ください。
順位による選択を行う [選択]−[〇位まで選択]、変化の大きさによる選択を行う [選択]−[変化の大きさで選択]、文字列による検索を行う [検索]−[文字列で検索] など、目的に応じて使い分けてください。

選択状態を3パターンまで保存する機能 [選択]−[選択状態の保存/復元] があります。
自サイトと競合サイトを比較するパターンなどを保存しておくと便利です。

サイトの選択状態は記録され、次回この詳細ウインドウを開いたときも同じグラフが表示されます。

関連メニュー:

競合サイトをブラウザで開く

競合サイトの確認も簡単です。

競合サイトをブラウザで開く - 操作手順
サイト一覧からサイトを選択し、[ブラウズ]−[サイトを開く] を選びます。
右クリックをして [サイトを開く] を選ぶ、項目の「サイトURL」の列でURLをダブルクリックする、いずれかでも実行できます。
新たな競合サイトをキャッチする

新たな競合サイトが台頭してきたとき、その出現を速やかにキャッチできます。
自サイトの順位に影響が出る前に、分析、対策をすることができます。

新たな競合サイトをキャッチする - 操作手順
マーク機能とアラート機能を合わせて設定を行います。
「新しい競合サイトを監視する、注目する競合サイトにマークを付ける」をご参照ください。
上位100追跡項目は、登録できる項目数に制限があります。上限はライセンスプランによって異なります。ライセンスプランによる制限の詳細については、ライセンス購入のご案内の「ライセンスプラン一覧」をご参照ください。