Wineを用いてMacでGRCを利用する方法

Macで利用できる無料のアプリ「Wine」を用いると、Mac上で直接GRCGRCモバイルを利用することができます。 Wineは無料で利用でき、インストールも簡単です。追加の費用無しにMacでGRCを利用する方法として、おすすめです。 (ご利用にあたっては、専用のセットアッププログラムでGRCをインストールする必要があります。)

Wineとは

「Wine」は、Mac、LinuxなどのWindows以外の環境でWindowsプログラムを実行するためのオープンソースのソフトウェアです。 無料で利用することができます。 1993年から開発が進められ、過去にはGoogleがWineの開発を支援したといった歴史もあります(詳細(英語))。

WineHQ (Wineプロジェクト公式サイト)
Wine - Wikipedia

GRCのWine対応状況

GRCは次のMac、Wineの組み合わせで動作の確認を行なっています。

GRCのWine対応状況
Mac OS バージョン Wine バージョン 動作状況
OS X 10.8 Mountain Lion Wine Stable 2.0 動作OK
macOS 10.12 Sierra Wine Stable 2.0 動作OK

Wine Stable 3.0 動作NG (Yahooの順位チェック不良)

Wine Development 3.6〜 動作NG (コンボボックス動作不良)

Wine Staging 3.6〜

※重要なお知らせ:
 Wineのバージョンによっては正しく動作しないことがありますのでご注意ください。

Wineを用いてMacでGRCを利用する手順

Wineを用いてMacでGRCを利用する手順は難しくありません。

1. Wineをインストールする
2. GRCをインストールする(専用のセットアッププログラムを使用します)

具体的な手順をご案内いたします。

手順1. Wineをインストールする

※以下の画像、手順は2017年5月時点のものです。

Wineの公式サイト WineHQ を開きます

  WineHQ (Wineプロジェクト公式サイト)

WineHQトップページの右上の「Download」をクリックします。

「WineHQ Binary Packages」のOS一覧から「macOS」をクリックします

macOS用のインストールパッケージのページが開きます。 Wineのインストールには、XQuartz 2.7.7 以上が必要と表示されています。

XQuartzがインストールされていない場合は、下記の手順で先にXQuartzをインストールしてください。

 https://www.xquartz.org/ を開きます。

 XQuartzの最新版(ここでは XQuartz-2.7.11.dmg)をクリックしてダウンロードします。
 ダウンロードしたファイルを実行してインストールしてください。

XQuartzのインストールが終わったら(あるいは既にインストールされている場合は)、WineHQのmacOS用インストールパッケージのダウンロードに進みます。

※重要なお知らせ:
 Wine Stable 3.0 において、Yahooの順位チェックでエラーが発生する問題が確認されています。
 問題が解決されるまで、Wine Stable 2.0 をご利用ください。
 Wine Stable 2.0 は、Wineのダウンロードページの「pool」にあります。
 直接リンクはこちら:winehq-stable-2.0.pkg

ダウンロードしたファイルを実行して、Wineをインストールします。

インストールにあたって特別な設定はありません。
Wineのインストーラで、次へ次へと進めていくとWineのインストールは完了します。

手順2. GRCをインストールする(専用のセットアッププログラムを使用します)

次のリンクから、Wine用のGRCセットアッププログラムをダウンロードしてください。
(このセットアッププログラムでGRCGRCモバイルの両方をインストールできます。)

Wine用GRCセットアッププログラム
(GRCwine.exe 300KB)

対応OS : macOS 10.8 以降、Wine Stable 2.0 以降
注意: このセットアッププログラムをWindows上で実行しないでください。

ダウンロードした GRCwine.exe をダブルクリックして実行してください。

(GRCwine.exeを起動できない場合)
ここで正常にGRCwine.exeを実行できない場合、拡張子exeがWine以外のアプリに関連付けられている可能性があります。 その場合は、拡張子exeをWineに関連付けることで、拡張子exeのファイルをダブルクリックで起動できるようになります。

初めてWineによってWindowsプログラムを起動したとき、 Wineによって次のような「Wine Mono インストーラ」および「Wine Gecko インストーラ」メッセージが表示されることがあります。

GRCの利用にはこれらは不要なので「キャンセル」を選択しても問題ありませんが、 将来、他のアプリの利用に必要になるかも知れませんので、「インストール」を選んでも構いません。

GRCセットアッププログラムが起動します。
インストールするソフトウェア名をクリックして選択し、「実行」をクリックしてください。

選択したソフトウェアのセットアップが起動します。
通常は「標準インストール」のままで問題ありません。「次へ」をクリックしてください。

確認画面が表示されます。

インストール先は、Windowsにおけるデスクトップのパスが表示されますが、 Wineの機能により、これはMacのデスクトップへのエイリアスとなります。 「次へ」をクリックして、インストールを行なってください。

インストールが完了しました。セットアッププログラムは閉じてください。 (ダウンロードしたセットアッププログラムGRCwine.exeは削除して構いません。)

Macのデスクトップにフォルダ「検索順位チェックツールGRC」が作られています。

作成されたフォルダ「検索順位チェックツールGRC」にはGRCのプログラム本体と関連ファイルが入っています。 このフォルダは、ご都合に応じて、他の場所に移動しても構いません。 (移動する場合は、フォルダを丸ごと移動してください。)

フォルダ「検索順位チェックツールGRC」を開いてください。 フォルダの中にある「GRC.exe」(GRCモバイルの場合は「GRCmobile.exe」)が、GRCのプログラム本体になります。 「GRC.exe」をダブルクリックして起動してください。

最初にGRCを起動したとき、次のメッセージが表示されます。

「はい」をクリックすると、自動的にGRCを利用するためのWineの設定が行なわれ、GRCが再起動します。

以上でGRCを利用するための手順は終わりです。 以降はWindows上でGRCを利用するのと同じようにGRCをご利用いただけます。 画面に表示されるメッセージに従って、項目の追加、順位チェックの実行を行なってみてください。

初めてGRCを使用される場合は、「GRCの使い方(チュートリアル)」ページもご参照ください。

コピー&ペーストについて

GRC上でコピー&ペーストを行なうには、右クリックメニュー、または、キーボードの次のキーを使用してください。 (command(コマンド)キーではなく、control(コントロール)キーを使用することにご注意ください。)

コピー : control + C
ペースト(貼り付け) : control + V

Macで使用できない機能、既知の問題

WindowsとMacのシステムの違いのため、GRCの次の機能はご利用いただくことができません。

・ [実行]−[自動シャットダウン]
・ [実行]−[指定時刻に順位チェック実行] の「順位チェック実行後にPCの電源を切る」オプション機能
・ [オプション]−[スタートアップに登録]
・ [オプション]−[最小化時はタスクトレイに格納]
・ [ファイル]−[レポート印刷] でレポートをPDFファイルに保存すること

また、次の問題が確認されており、未解決となっています。申し訳ございません。
こちらは調査を行なっており、将来解決する可能性があります。

・ GRCとGRCモバイルのデータ連携機能が動作いたしません。
 (GRCのメニュー [オプション]−[GRCモバイルからデータ取得])
・ 日本語以外のMac(言語設定で日本語以外が最優先になっているMac)では、
 文字化けが発生してしまうため、ご利用いただけません。

もし他の問題を見つけられましたら、ご連絡ください