よくあるご質問

GRCに表示される検索順位が、ブラウザで検索して確認したものと違います。

GRCで表示されている数値と実際に確認したものが異なる場合、次のような要因が考えられます。

1. アクセスしたサーバーの違い(順位の揺れ)
2. Googleの検索結果パーソナライズの影響
3. Yahooの順位が圏外になる場合、Yahooの検索順位チェック範囲の問題
4. 順位が圏外になる場合、URLの相違
5. 「すべての言語」と「日本語のページを検索」の違い
6. 検索結果が特定地域にカスタマイズされている
7. 検索結果1ページ目が10件未満で、2ページ目以降
8. 表示件数の違い (Google)
9. 検索エンジンのアルゴリズム変更の影響

詳細は以下をご参照ください。

1. アクセスしたサーバーの違い(順位の揺れ)

検索エンジンには複数のサーバーがあり、情報の伝達タイミングのずれなどのため、同じ時刻でも、サーバーによって検索結果が異なることがあります。
例えば、同じ検索エンジンであっても、サーバーAに接続すると5位、サーバーBに接続すると10位のように、サーバーによって順位が異なるといったことがあります。
このサーバーによる順位のずれは、常時発生しております。

どのサーバーに接続するか(結果として、どの検索結果が表示されるか)は、検索エンジンにアクセスするタイミングによって、ランダムに変わります。
複数のブラウザを並べて同時に検索を行なったときに、各ブラウザで異なる検索結果が表示されるといったことは、比較的簡単に確認することができます。
同じブラウザでリロード(あるいは同じ検索語で再検索)をしますと、検索結果が変わるといったことも起こることがあります。

つまり、検索順位は、日時によって1つだけに定まるものではなく、例えば「50%の確率で5位、50%の確率で10位」というように、揺らいでいると考えることができます。
5位→10位と順位が変化するときは、ある瞬間に5位から10位に変わるのではなく、「100%の確率で5位」→「50%の確率で5位、50%の確率で10位」→「100%の確率で10位」のように変化すると考えることができます。
ここでは2つの検索順位が同時に存在しているケースで説明しましたが、3つ以上の検索順位が同時に存在していることもあります。

接続先のサーバーの選択は、インターネットのDNSというシステムによって行われます。
サーバーに接続するには通常必ずこのDNSを利用するため、接続先がランダムに変わることは、ブラウザもGRCも同じです。

こういったことから、GRCが順位チェックを行ったときにアクセスしたサーバーと、ブラウザで検索したときにアクセスしたサーバーが異なることがあり、かつ、それらサーバーで検索結果が異なる場合、両者に順位のずれが発生することがあります。
例えばブラウザで確認したときに5位、GRCに表示される順位が10位といったことが起こりますが、必ずしも異常ではありません。

検索順位の揺れは正常な動きです。
ブラウザで確認した順位とGRCに表示される順位が異なっていると、ブラウザで確認した順位が正しく、GRCに表示されている順位は間違っていると感じると思いますが、順位のずれがサーバーの違いによるものである場合は、どちらの順位が正しく、どちらの順位が間違っているといった優劣は無く、どちらの順位も正しい順位です。

GRCの動作が正常かどうかを確認されたい場合には、GRCが取得した検索結果ページを表示する方法をお試しください。
Q&A「順位チェックの元になった検索結果ページを確認するには?」をご参照ください。

2. Googleの検索結果パーソナライズの影響

Googleには、過去の検索履歴に基づいて、ユーザー毎に検索結果を調整して表示する「パーソナライズ機能」があります。
特に、よく見るサイトを検索結果ページの上位に表示するという機能があるため、自分のサイトなど、よく見るサイトは検索結果ページの上位に表示されやすくなります。

GRCはパーソナライズの影響を受けない中立的な検索結果ページを取得しますので、パーソナライズの影響を受けているブラウザでの検索結果と比較して、順位のずれが発生することがあります。
この場合、GRCの順位よりもブラウザで見た順位の方が上位になりますが、GRCの順位が本来の順位です。

Google Chrome のシークレットウインドウを使うと、パーソナライズの影響を受けていない検索結果を見ることができます。

3. Yahooの順位が圏外になる場合、Yahooの検索順位チェック範囲の問題

YahooはGoogleよりも順位チェックを行なう範囲が狭く、順位が「圏外」になりやすいです。
詳細については、Q&A「Yahooの検索順位が『圏外』になってしまいます」をご参照ください。

現在の順位チェック範囲設定の確認および設定の変更は、[検索設定]−[順位チェック範囲] で、行なうことができます。

4. 順位が圏外になる場合、URLの相違(入力ミス、wwwの有無、httpとhttps、リダイレクト等)

ブラウザで上位に表示されているのに、GRC上で検索順位が圏外となる場合は、URLが異なっている可能性があります。
検索結果に表示されるURLと、GRCに入力したURLが1文字でも異なっていると、順位を取得できません。両者を比較、相違が無いか確認してください。

以前は正しく順位が取得できていた場合でも、検索エンジン側でインデックスされるURLが変わり、順位が取得できなくなるケースがあります。
URLに相違が生じるケースについては、Q&A「ブラウザで上位なのに、GRCで圏外です」をご参照ください。

5. 「すべての言語」と「日本語のページを検索」の違い
各検索エンジンには、検索対象のページの言語として「すべての言語」または「日本語のページを検索」を選択する機能があります。
GRCでは、[検索設定]−[検索対象言語] の設定に従って順位チェックを行います。
実際に検索したときの設定とGRCの設定が異なっている場合、両者にずれが発生することがあります。
6. 検索結果が特定地域にカスタマイズされている
検索エンジンは、IPアドレスから検索している地域を自動検出して、検索結果をその地域向けにカスタマイズすることがあります。
そのため、同じ検索語でも検索する地域によって検索結果(検索順位)が変わることがあります。
この問題については、Q&A「GRCはどの地域の検索結果から順位を取得していますか?」もご参照ください。
7. 検索結果1ページ目が10件未満で、2ページ目以降
GRCは、「検索結果の何ページ目に表示されているか」という情報も重視しております。
検索結果1ページ目の件数が10未満の場合にも、検索順位から表示ページが分かるよう、10件表示の検索結果2ページ目の先頭を常に11位として処理しています。
そのため、検索結果1ページ目の件数が10未満の場合、1位から1つずつカウントした場合の検索順位と、GRCに表示される順位にずれが生じることがあります。
8. 表示件数の違い (Google)
通常のブラウザでの検索では、検索結果1ページあたりの表示件数は10件です。
GRCは、上位20位までは10件表示の検索結果ページから順位を取得いたしますが、21位以降は100件表示の検索結果ページから順位を取得します。
GRCが100件表示の検索結果ページから順位を取得したとき、ブラウザで検索したときと表示件数が異なるために、順位に若干のずれが発生することがあります。
これは、検索エンジンには、1つの検索結果ページに同じドメインの複数のURLが現れる場合、それらを1つにまとめて表示するという機能があるためです。
通常これが原因となる順位のずれは大きくはありません。
9. 検索エンジンのアルゴリズム変更の影響
検索エンジンのアルゴリズム変更があった場合、一時的に検索結果が不安定な状態になり、検索するタイミングによって、10位以内になったり、圏外になったりなど、大きな順位のずれが発生することがあります。
その場合は、時間が経過して検索エンジン側のアップデートが完了しますと、順位が安定しますので、しばらく様子をみてください。

これらが原因で発生する順位のずれは、GRCの不具合ではありません。
特に、上記のアクセスしたサーバーの違いによる順位のずれは、頻繁に発生します。
順位のずれについてお問い合わせになる前に、Q&A「順位チェックの元になった検索結果ページを確認するには?」の手順で、順位チェックの元になった検索結果ページをご確認くださいますようお願いいたします。

しばらく様子を見ていただいても状況が変わらず、GRCの不具合が疑われる場合は、確認をさせていただきます。
次の情報をメールにてお知らせください

・GRCに登録したURL:
・検索語:
・GRCに表示される順位:
・ブラウザで確認した順位:
・ブラウザで確認したURL: