MacでGRCを利用する方法

GRC および GRCモバイル は、次の方法によってMacでご利用いただくことができます。

1. 無料のアプリ「Wine」を用いて直接実行する方法
Macで利用できる無料のアプリ「Wine」を用いると、Mac上で直接GRCGRCモバイルを利用することができます。 Wineは無料で利用でき、インストールも簡単です。追加の費用無しにMacでGRCを利用する方法として、おすすめです。
WineでGRCを利用するには、専用のセットアッププログラムでGRCをインストールしていただく必要があります。 具体的な手順は次のページをご参照ください。
2. 仮想化ソフトを用いてMac上でWindowsを動かす方法
Parallels Desktop、VMware Fusion、VirtualBoxなどの仮想化ソフトを用いて、 Mac上でWindowsを利用する環境を作ると、そのWindows上でGRCを利用することができます。
WindowsをインストールするためにWindowsのライセンス(プロダクトキー)が別途必要です。 GRC以外にも利用したいWindowsアプリケーションがある場合は、おすすめの方法です。
3. 外部のWindowsリモートデスクトップサービスを利用する方法
外部のWindowsサーバーサービスを利用し、MacからWindowsサーバーにリモートデスクトップ接続して、GRCを利用する方法です。
Windowsサーバーであれば24時間運用が可能で、Macを起動していない間にGRCの順位チェックを行なったり、 iPadなどのタブレットからアクセスして結果を確認するといったこともでき、利便性は高いです。
ただし、複数のアカウントでグローバルIPアドレスが共有されるタイプのWindowsリモートデスクトップサービスでは、GRCの動作が不安定になることがあります。 専用のグローバルIPアドレスが割り当てられるサービスをご利用ください。 「お名前.com デスクトップクラウド for Biz」は専用のグローバルIPアドレスが割り当てられますので、GRCの動作環境としてお勧めできます。
4. Boot Campを用いてMacにWindowsをインストールする方法
Appleが提供している「Boot Camp」を用いて、 MacにWindowsをインストールして使用する方法です。
WindowsをインストールするためにWindowsのライセンス(プロダクトキー)が別途必要です。 この方法では、MacとWindowsを同時に使用することができないため、利便性は低くなります。