検索順位チェックツールGRC 操作ガイド

CSVファイルで指定した項目のみを表示する

CSVファイルで指定した項目のみを表示することができます。

メイン画面に表示されている項目を対象に機能するメニューと組み合わせることができます。
表示する項目GRCの画面上の操作で絞り込む方法については、「表示フィルタ機能の使い方」をご参照ください。

1. CSVファイルで項目データを出力する

一覧表示したい項目を含む項目一覧CSVファイルを出力します。
出力するデータとして「サイト名」「URL」「検索語」の3つを必ず出力するようにします。
その他のデータが同時に出力されていても問題ありません。

項目一覧CSVファイルを保存する - 操作手順
  1. メイン画面項目リストに出力したい項目を表示します。
    出力対象は、メイン画面項目リストに表示されている項目です。
  2. [ファイル]−[項目一覧CSVファイル保存] を選びます。
  3. 「出力するデータ日付」「出力するデータ」の設定を行います。
    詳細については、[ファイル]−[項目一覧CSVファイル保存] をご参照ください。
  4. 「次へ」ボタンをクリックします。
  5. 「名前を付けて保存」 ダイアログで、保存先とファイル名を設定します。
  6. 「保存」ボタンをクリックします。
2. CSVファイルを編集する

一覧表示したい項目のみのCSVファイルを作成します。

一覧表示したい項目のみのCSVファイルを作成する - 操作手順
  1. 出力した項目一覧CSVファイルをExcelなどで開きます。
  2. 一覧表示したい項目の項目データを残して、他の項目データを削除します。
  3. 上書き保存します。
3. CSVファイルをインポートする

編集したCSVファイルをインポートします。

CSVファイルで項目を選択する - 操作手順
  1. [ファイル]−[CSVファイルのインポート] を選びます。
  2. 「参照」ボタンをクリックします。
  3. 「ファイルを開く」ダイアログで、先に作成した選択したい項目のCSVファイルを選択します。
  4. 「開く」ボタンをクリックします。
    CSVファイルをこのダイアログにドラッグ&ドロップも、同じ動作になります。
  5. 「CSVファイルのインポート」ダイアログの「インポート目的」で、「項目を選択」を選択します。
  6. 「データの位置」を設定します。
  7. 「データの確認」で、インポートする内容を確認します。
  8. 「インポート実行」ボタンをクリックします。

CSVファイルで指定された項目が選択されます。

4. 選択された項目のみを表示する

選択された項目のみを表示します。

選択された項目のみを表示する - 操作手順
[表示]−[選択項目のみ表示] を選びます。