よくあるご質問

ライセンスキーが入力できません。

ライセンスキーを入力できない場合は、次の原因が考えられます。

・ライセンスキーの入力ミス

ライセンスキーは1字でも異なると正しく認識されません。
ライセンスキー発行メールから直接コピーしていただく方法が確実です。

・ライセンス期限が切れている
ライセンス期間は、ライセンスキー使用開始から1年間です。
入力されたライセンスキーの期限が切れている場合、登録はできません。
誤って古いライセンスキーを入力されていないかをご確認ください。
・ライセンス更新済みの古いライセンスキー
ライセンスは同じライセンスプランもしくは下位のライセンスプランで更新しますと、新しいライセンスキーに残りのライセンス期間が引き継がれ、元のライセンスキーは失効いたします。
ライセンス更新済みの古いライセンスキーは、使用することができません。
・元のPCへ戻す操作が5回を超えている
ライセンスキーを他のPCへ移動する回数に制限はありません。
ただし、元のPCに戻す操作につきましては、5回までという制限があります。
元のPCへ戻す操作が5回を超えますと、ライセンスは移動することができません。
ライセンス移動例:
 PC1 → PC2 (他のPCへ。カウントされません)
 PC2 → PC1 (戻す操作 1回目)
 PC1 → PC2 (戻す操作 2回目)
 PC2 → PC3 (他のPCへ。カウントされません)
 PC3 → PC2 (戻す操作 3回目)
ライセンスの更新で、戻す操作のカウントはリセットされます。
・ライセンスプランの制限を超えている

上位のライセンスプランから下位のライセンスプランに更新をされる場合に、更新後のライセンスプランの制限以上のデータがある、もしくは、更新後のライセンスプランでは利用制限のある機能を利用しているとき、ライセンスキーは登録できません。
ライセンスプランにより、URL数、検索語数、上位追跡項目数の上限が定められています。
リモートデータ閲覧機能をご利用になるには、スタンダード・ライセンス以上のライセンスが、項目一覧CSVファイル自動保存機能をご利用になるには、アルティメット・ライセンスが必要です。
ライセンスプランの詳細については、「ライセンスプラン一覧」をご参照ください。

現在のデータ量がライセンスプランの制限内かどうか、利用制限のある機能が有効になっていないかをご確認ください。
データ量がオーバーしている場合は、制限を超える分のデータを削除していただくことで更新が可能です。利用制限のある機能が有効となっている場合は、その機能を無効にしてください。

・ソフトウェアが異なっている
GRCGRCモバイルGRC-Wはそれぞれ異なるソフトウェアです。
ライセンスキーは各ソフトウェアに固有のものになります。
GRCライセンスキーGRCモバイルGRC-Wに入力することはできません。その逆も同様です。
ライセンスキーがご利用のソフトウェアのものかどうか、ご確認ください。
各ソフトウェアは次のページからダウンロードすることができます。
GRCのダウンロード
GRCモバイルのダウンロード
GRC-Wのダウンロード

上記の点をご確認いただいても該当理由が見当たらない場合は、メールにてお問い合わせください