よくあるご質問

「ライセンスの制限を超えています」と表示されます。

引越しデータファイルインポートを行ったとき、または、ライセンスの更新で下位のライセンスプランライセンスキーを入力したときに、「ライセンスの制限を超えています」とメッセージが表示されることがあります。

メッセージに、現在のライセンスの制限内容と、現在のデータ量、および、制限のある機能の利用状況が合わせて表示されますので、要因についてご確認ください。

メッセージに「現在のデータは、〜」と表示される場合:

URL数、項目数、上位追跡項目数のいずれか、またはその複数が、ライセンスの制限を超えています。
制限を超えるデータを削除して、データがライセンスの制限内に収まるようにしてください。

データがライセンスの制限を超えていても、項目を削除する操作は行うことができます。
項目を削除するには、[編集]−[項目削除] をご利用ください。

メッセージに「現在利用中の機能は、〜」と表示される場合:

現在のライセンスで制限がある機能が有効になっています。
制限がある機能を無効にしてください。

リモートデータ閲覧機能を利用するには、スタンダード・ライセンス以上のライセンスが必要です。
リモートデータ閲覧機能を無効にするには、[ファイル]−[リモートデータ閲覧]−[設定] で、登録されているリモートデータを全て削除してください。

CSV自動保存機能を利用するには、アルティメット・ライセンスが必要です。
CSV自動保存機能をを無効にするには、[オプション]−[項目一覧CSVファイル自動保存] で、「自動的に保存するファイル」のチェックを全て外してください。

メッセージに「現在のデータおよび利用中の機能は、〜」と表示される場合:

データおよび機能の両方が、ライセンスの制限を超えています。
制限を超えるデータを削除して、制限がある機能を無効にしてください。